再再販! 第二次世界大戦 1/35 ドラゴン ドイツ軍 DR6917 プラモデル 赤外線暗視装置 with 対空増加装甲タイプ パンターF型-その他。

再再販! 第二次世界大戦 1/35 ドラゴン ドイツ軍 DR6917 プラモデル 赤外線暗視装置 with 対空増加装甲タイプ パンターF型-その他

再再販! 第二次世界大戦 1/35 ドラゴン ドイツ軍 DR6917 プラモデル 赤外線暗視装置 with 対空増加装甲タイプ パンターF型-その他。

詳しく見る

再再販! 第二次世界大戦 1/35 ドラゴン ドイツ軍 DR6917 プラモデル 赤外線暗視装置 with 対空増加装甲タイプ パンターF型-その他

DAサーチ&リンクが選ばれる理由


組み立て塗装が必要なプラモデル。別途、接着剤や工具、塗料等が必要。
1/35スケール未塗装プラスチック組み立てキット
パンターF型に赤外線暗視装置、対空装甲板を追加装備した状態でモデル化
砲塔天面の装甲は2層構造になっている2枚の装甲板に加えてその取り付けボルトの六角形のヘッド部分もモデル化
赤外線暗視装置は、その形状やディテールをしっかりとモデル化
防盾や車体前部に取り付ける暗視装置の取り付けベースはエッチングパーツをセット
3セットが用意され、それぞれ砲塔の車長用キューポラ、主砲防盾、ドライバーハッチ前の各ポジションに取り付け可能
ドラゴン・DRAGON (中国)輸入プラモデル

【実車について】第二次大戦のドイツ軍戦車の中で傑作戦車とされるのがV号戦車パンターです。各タイプが作られた中で、G型の改良型として開発が進められたのがF型でした。1944年に設計が承認されたF型は前面面積を減らし、重量軽減をめざした小型の新型砲塔、シュマールトゥルムを搭載するのが大きな特徴でした。1945年から生産が始まる予定でしたが、戦況の悪化もあり、生産されることなく終戦を迎えることになったのです。また、様々な技術がすさまじい勢いで進化する中、レーダーなどの電子機器の発展を遂げました。陸上の戦闘でも第二次大戦末期には夜間戦闘能力を高めるために赤外線暗視装置が開発されたのです。ドイツでは1936年にAEG社とツァイス社によって開発がはじめられ、1942年にはZG1221ビュアーと赤外線ヘッドランプを組み合わせたユニットが作られました。これらのユニットはパンター戦車に搭載され実用化。F型が量産されれば装備されたと考えられます。
【モデルについて】第二次大戦中に開発が進められていたパンターF型に赤外線暗視装置、対空装甲?

商品コード20013814326
商品名ドラゴン 1/35 第二次世界大戦 ドイツ軍 パンターF型 対空増加装甲タイプ with 赤外線暗視装置 プラモデル DR6917
JAN0089195869173
型番DR6917
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

再再販! 第二次世界大戦 1/35 ドラゴン ドイツ軍 DR6917 プラモデル 赤外線暗視装置 with 対空増加装甲タイプ パンターF型-その他

詳しくはこちら
PC版を表示する
スマートフォン版を表示する